白いおもちゃ箱

  • 築20年の住宅のリフォーム。
    1階は現在3つの部屋に分かれていますが
    それらをまとめて48畳のワンルームにします。
    クライアントの希望は白く冷たい部屋。

  • 既存の仕上を解体後、床はステンレス、壁は全周家具で覆い
    天井はコンクリート直天に白ペイントで仕上げます。
    壁面家具には部屋に散乱している物が機能的に収納され、前面は扉で覆われます。

  • それらの扉はすべて白色ですが
    収納される物により、姿を変えます。
    中身を見せるために透きとおった白
    半透明な白、不透明な白、ざらざらした白、つるつるした白
    空気を通すためのルーバー状の部分
    スピーカーを収容したサランネットの部分
    それらはすべて白ですが
    違った雰囲気のものが「パッチワーク」のように壁面に配置されます。

  • 天井や壁の白は床のステンレスに映りこみ
    多様な実像と虚像の白によって部屋全体が包まれます。

  • リビング、ダイニング、キッチン、ワークスペースの機能は一体となり
    大テーブルを中心に共働きの夫婦二人が生活を繰り広げます。

  • 収納内部(1)
    生活用品のすべてが壁面家具に収納される。スピーカーが収納されるボックスの扉は白色のサランネットで作られている。

  • 収納内部(2)
    キッチン壁面家具の収納状況

  • 2階の寝室への階段。

  • 地下ダイニングキッチン